茨城交通 鯉淵営業所にて①

茨城交通鯉淵営業所では、様々な興味深い車両を見ることが出来ました!

営業所入って直ぐのところには、丸目ブルーリボンが!しかも、前後ドアで元茨城オートカラー⤴⤴
ナンバーは、水戸200か792です。

画像


元神奈中の 水戸200か1130 のエアロスターもいました。

画像


画像


7Eの水戸200か814もいますね!

画像


画像



続いて、先程からチラチラ映っていますが元京王の 水戸200か1661号車を!

画像


画像


画像


画像


画像


画像



写真は、茨城交通鯉淵営業所車庫構内にて撮影を行いました。また、車庫構内での撮影は許可済みです。この件に関して、茨城交通鯉淵営業所の皆様有難うございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

みっち‐
2017年02月17日 05:57
茨城は排ガス規制の区域外なのでかなり古いバスも使われています。ちなみに、常磐線勝田駅と阿字ケ浦を結んでいる「ひたちなか海浜鉄道」はこの茨城交通の鉄道部門でした。
勝浦ライナー
2017年02月17日 07:24
このブルーリボン東武バスで毎日乗っていました。
東武バスから茨城交通へ来たブルーリボンも有ります。
これもそうかもしれません。
勝浦ライナー
2017年02月17日 11:44
ブルーリボンも7Eも元 東武バスでした。


この7Eは前乗り仕様なので、都内(足立営業所管内)ですね。
ブルーリボンは埼玉県をメインに置かれました。
キハファン
2017年02月17日 12:12
茨城交通の新旧の並びはいいですね。

茨城交通のカラーとオートバスカラーがいるのもいいです。
久留里が好きなんです
2017年02月17日 19:31
木更津のバスでは、リアの青いライトはみないです。
ARAKI
2017年02月17日 21:45
京王バスの特徴がたくさんありますね。

古いバスから、京王バスの中古まで面白いですね!
2017年02月18日 00:31
みっち-さん

茨城は、排ガス規制対象の車両が移籍してきたりもしてますからね~

「ひたちなか海浜鉄道」は、勝田~那須湊まで乗りました!目的は、もちろんあれです(笑)
2017年02月18日 00:33
勝浦ライナーさん

この記事のブルーリボンと7E、両車両とも元東武でしたか!

わざわざありがとうございます😉👍🎶
2017年02月18日 00:33
キハファンさん

この様な並びが見れるのは、車庫ならではですね!
2017年02月18日 00:34
久留里が好きなんですさん

このライトは、京王バスの特徴ですね~
2017年02月18日 00:35
ARAKIさん

鯉淵営業所だけでも面白かったです!
ももいわそう
2017年02月18日 02:00
是非とも那珂川と久慈川を越えて「日立電鉄交通サービス」にもはまって頂きましょう、「山椒は小粒でもピリッと辛い」ような事業者です。
6~7年前までは都バスの譲渡車両が現役で走っていました、今でも東武と南海の日野ブルリの3扉がいます。相鉄や横浜市営・京成や千葉中央などの譲渡車両もいれば四半期前の中型がいます。
営業所は日立南と神峰の2ヶ所のみですが、好天時の日立南は「逆光」になる上に土日祝日は大型車の大半は寝ているなど難易度は高めです。十王駅からは出ている椎名観光バスも譲渡車両がいます、奥の深さは茨城交通にひけをとりません。
いかがでしょうか?
みっち‐
2017年02月18日 23:12
那珂湊駅といえば、駅猫の「おさむ」と「ミニさむ」ですね。「ひたちなか海浜鉄道」の主力車両、キハ3710、キハ37100(通称みなと号)は以前は茨城交通の路線バスと同じ塗装でしたが、現在はオリジナル塗装になっています。
2017年02月20日 01:01
ももいわそうさん

「日立電鉄交通サービス」は、BRTや千葉では見かけない車両が多いので、前々から興味あります(笑)

後は、路線が面白いのか、そして古い車両が定期的に運用しているのかにもよりますが、以前から検討はしています!

ももいわそうさんは、日立電鉄交通サービスにお詳しいみたいですね!
2017年02月20日 01:03
みっち-さん

那珂湊駅には、多数のキハが停まっていました。これ、全て現役なのかな?と思いながら見ていました。

そして、カラーも多数あってビックリでした。

しかも、茨城交通バスと同じカラーがいたとは!
ももいわそう
2017年02月20日 02:52
「日立電鉄交通サービス」や「椎名観光バス」の乗りバスでしたらあらかじめ、それぞれのホームページにて下調べしてから行った方がいいでしょう。路線だったら椎名観光バスの高原線かな?途中の十王ダムの近辺が生まれ故郷なのです、後は高萩市内の山奥とかものどかですよ。冬はちと寒いけど。
「日立電鉄交通サービス」は日立製作所のグループ会社で合理化は進みましたが、K-の時代からワイドドアを採用しています。そんなこともあり日立駅からレンタカーだと、十王ダムから高萩市内をめぐるのが定番になっています。
国道6号線は慢性的に混んでいますので時間にゆとりを持ちつつ、鮟鱇(あんこう)料理をめでつつ国民宿舎鵜の岬にて1泊2日コースはいかがでしょうか?
2017年02月21日 15:43
ももいわそうさん

あちらの地区は、本数はそこそこでしょうから、下調べが欠かせないですよね💦

椎名観光バスの高原線がお勧めなのですね!あちらに行けたら、時間の許す限り乗車してみたいです!

また、こちらが産まれ故郷だったのですね!鮟鱇料理も食べてみたいです😃⤴⤴

時間と財布と相談して、検討したいと思います!

この記事へのトラックバック