千葉バス情報館

アクセスカウンタ

zoom RSS 塩田にいた幕車たち 千葉200か376 その1

<<   作成日時 : 2015/01/16 16:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

この車両は、現:袖ヶ浦200か1150(旧:千葉200か 376) UD 富士重工8E ワンステップ KK-RM252GSN 平成12年式です。小湊バス最後の富士重工ボディーとして導入されました。また、小湊バス初のワンステップとなりました。


画像



画像



画像



写真は、塩田営業所車庫構内にて撮影をしました。また、車庫構内での撮影は許可済みです。この件に関して、小湊バス塩田営業所の皆様有難うございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
側面のドアが今風です。
これなら長南でも分かりやすいと思います。
勝浦ライナー
2015/01/16 17:55
中トビラは折戸なのですね。木更津の小湊バスでは見たことがなかったです。
久留里が好きなんです
2015/01/16 18:08
車イスのステッカーは行き先の横にはついていませんね。
キハファン
2015/01/16 19:29
中扉が折戸なのは、珍しいですね。
全国的に見ると、昔は折戸が多かった様な気がしますが…
交通のレポーター
2015/01/16 20:54
塩田営業所のはじっこの位置にいたようですね。営業所の真ん中を走る道の横です。
ARAKI
2015/01/16 22:50
勝浦ライナーさん

小湊バスの場合、中ドアが折戸なのは、この年代の特徴ですね。
千葉バス情報館
2015/01/17 00:49
久留里が好きなんですさん

木更津の小湊バスには、折戸はいませんでしたね。
千葉バス情報館
2015/01/17 00:50
キハファンさん

スロープがないため、車イスのステッカーは付いていません。
千葉バス情報館
2015/01/17 00:51
交通のレポーターさん

折戸、そんなに多かったときありましたっけ?
千葉バス情報館
2015/01/17 00:52
ARAKIさん

仰る通りの場所です。
千葉バス情報館
2015/01/17 00:53
バンパ‐の左端(前後とも)が凹んでいたので車体更正は受けていないようですね。塩田にいた時には五井駅でよく見かけました。(五井駅発中央武道館行きだったと思います。)
みっち‐
2015/01/17 05:14
僕の気のせいかも知れませんね…
でも、昔の方が今よりはあったと思います。
僕は、10代なのでパソコンの情報ですが…
交通のレポーター
2015/01/17 07:07
みっち-さん

このタイプとレインボーは車体更正を受けていません。なぜ、更正をしたのとしないのがいるのかは分かりませんが…


この車両、武道館線と菊間団地線でよく見かけました。
千葉バス情報館
2015/01/18 01:07
交通のレポーターさん

今、製造されている車両では見かけませんね。
千葉バス情報館
2015/01/18 01:08
今日 千葉200か2351? が長南へ回送されてました 洗車場横のリフトにのせて整備中でした ほとんどの車両が出払っておりましたが 珍しく袖ヶ浦200か666と881が 運用に就いてませんでした 久しぶりに外周から見ましたが 廃車車両は既に 引き払われておりました
茂原バス
2015/01/21 16:50
茂原バスさん

整備中の車両、定期検査やすぐに直るといいけど…

塩田営業所からの幕車が移籍後、運用が変わったのかも知れませんね。


廃車車両、何処に行ったのか気になります。
千葉バス情報館
2015/01/22 00:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
塩田にいた幕車たち 千葉200か376 その1 千葉バス情報館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる